中年が承認欲求を満たすためのブログ

天鳳プレイヤーが麻雀やその他の趣味について書きます

ご挨拶と自己紹介その3 7年間ほど麻雀をやめた話

(前回の記事)

 

おはようございます超インターネットです。うららかな春の日、皆様いかがお過ごしでしょうか。こちらのほうは朝から雪がちらほら舞っておりまして「何? 今? 何月?」という状態です。『デイライト』という映画でシルベスター・スタローンが自然災害に対して本気でブチ切れるシーンがあったのですが、それが猛烈にカッコ良かったのでオレも倣うことにします。ふざけるなよ地球! 潰すぞ!

 

今回は一時的に麻雀を離れたときの話をしたいと思います。とりあえず時系列的には前回の続きになります。

天鳳で残した小さな成果と関係あったのかどうかはわかりませんが、この頃から、麻雀関連の文章のお仕事を少しずつ任せてもらえるようになってきました。別口でやっていたスポーツライターの仕事も好調で、自分名義の書籍を出させてもらったりもしました。当時はあまり意識してませんでしたが、今振り返るといろいろなことが本当にうまくいっていた時期だったんですねー。

だけど突然なにもかも嫌になったんです。本当にいきなり、すべてのことに耐えられなくなりました。任されていた仕事を投げ出し、関わっていたことから逃げ出し、まつわる人間ほぼすべてとの付き合いを断ちました。理由なんてしょうもないことの積み重ねで、それこそ「3月なのに雪が降ったのでムカついた」なんてことだって完全に無関係とはいえないぐらいのものだったんですが、大きな原因としてはやはり「麻雀が好きだ」というウソをつき続けることに限界が来ていたのだと思います。自分に対しても、他人に対しても。

長い長い雀荘勤めによって、麻雀を打つことはオレにとって苦痛でしかなくなっていました。もともと麻雀がただの遊びとして楽しく感じられていた時期は、他の雀荘労働者や麻雀プロに比べてもかなり短かった人間です。それでも続けていた理由は「仕事としてなら許容範囲の辛さだった」ことと、麻雀以外で人並みにできることが何もなかったからです。麻雀を辞めて、何もない人間になってしまうことが怖かったんですね。

だけど限界がやってきました。この先も一生麻雀に関わり続け、自分と他人にウソをつき続けるのか。そう考えるともう、一秒たりとも耐えられなくなっていました。以降7年、オレは麻雀から遠ざかることになります(正確に言うとこの3年ほど後に一度天鳳IDをつくるのですが、やはり以前ほどには没頭できず3ヶ月で放置となりました)。

 

7年というのは結構な年月ですが、30歳を過ぎると体感的にはほんの一瞬です。麻雀のない暮らしは本当に平和でそれなりに満足のゆくものであり、ふたたび雀荘に勤めたり麻雀プロを名乗ったりしようなどという気持ちは当然これっぽっちも無くなっていましたが、ひとつだけオレの中でくすぶっているものがありました。かつて楽しいと思いかけた唯一の麻雀、天鳳に対する気持ちです。

 オレが麻雀から離れている間に、以前とは比べものにならないほど天鳳は大きくなっていました。プレイ人口や登録IDの増加、段位や鳳凰卓そのもののブランド化、現役麻雀プロをはじめとする多数のリアル麻雀強者の参戦などにより、天鳳は単純なオンラインゲームとしての規模だけでなく「存在そのものの大きさ」をも増したようでした。

その過程をオレは、遠巻きながらも複雑な思いで眺めていました。かつて成し遂げた小さな小さな達成である「八」という段位への到達、ならびに当時の特上卓において積み上げた長期成績が、システムの変更と年月の経過によりゴミのような数字へと変わっていったからです。

 そのことについて「悲しい」「寂しい」と感じる気持ちがまだ残っていたことは自分でも意外でしたが、思えば天鳳はオレが真剣に取り組んだ唯一の麻雀であり、八段到達は麻雀以外にできることが何もないオレの人生における数少ない勲章でした。ならばこのような感傷に襲われたことも、「もう一度どこまでいけるかやってみようか」と思い立ったことも、必然であったのかもしれません。

 

次回は天鳳再開から本格的な麻雀復帰、そして現在に至るまでを書きます。

 

(続きはこちら)